風俗の王様【男天国共和国】

風俗の王様【男天国共和国】

当サイトでは様々な風俗についての情報をご案内しています。
まずは「風俗の王様【男天国共和国】」をお気に入り登録しておくと便利です。貴方が今利用をしているその風俗だけで満足のいくプレイをすることが出来ていますか?
さらに最高の快楽を求めているのでしたら、当サイトの風俗情報は要チェックです。
あまりにも数多くの風俗があり過ぎてどこの風俗に行ったら良いのか迷ってしまうことでしょう。
まずは風俗に行く前に、貴方が女性に求めているものをしっかりと確立しておくようにしてください。

 

男性なら一度は利用したことがあったり、また興味を持っている人が多い風俗。
風俗を利用することで、日頃の性欲を一発解消することが出来るので童貞君でも嬉しいサービスですね。




風俗の王様【男天国共和国】ブログ:180816
わたくしの結婚生活も、
まもなく一年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
嫁の両親に挨拶行ったときのことを…

わたくしのイメージでは…

あちらの母が和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにしたお父さんが
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
そのお父さんとぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「むすめさんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづくお父さん…

みたいなことを考えていました。

そして、
わたくしにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

わたくしが嫁の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

嫁のお父さんとわたくしの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、むすめさんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

嫁のお父さんさんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできないむすめだけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。


風俗の王様【男天国共和国】 モバイルはこちら